<   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

花豆とひよこ豆のスープ

*
f0258670_10501025.jpg



材料  花豆     適量
    ひよこ豆   適量


    クリームスープ
    パセリ
    塩、胡椒



作り方  
   1、 花豆、ひよこ豆 ともに一晩水にふやかしておく。
   2、 翌日すっかり水を吸って3倍ほどになったら、水を取り替える。
      それぞれ豆の3倍ほどの水で最初強火、あとは中火もしくは弱火で30分茹でこぼす。
   3、 これを2度繰り返す。ひよこ豆は1度で良い。
   4、 スープに入れて出来上がり。(何スープでもOK)


   
f0258670_1050748.jpg

                     左  ひよこ豆    右  花豆
[PR]
by pan0307 | 2013-02-27 11:00 | 料理

ビーフシチュー

f0258670_179513.jpg


f0258670_1795128.jpg


f0258670_1795617.jpg



材料  国産牛すね肉かたまり   約1kg
    

A タマネギ    1個
  ニンジン    1本
  セロリ     1本
  ニンニク    1片
  小麦粉     少々
  マッシュルーム 1パック

B  赤ワイン   1/2本
  粒こしょう   適宜
  トマトペースト 大1から2

C ブーケガルニ  タマネギ、ニンジンの皮、パセリ、ピーマン、セロリの葉 など



作り方
 1、 牛肉を適当な大きさに切り分け、各塩、胡椒し、小麦粉をまぶしておく。
 2、フライパンを強火で熱し、油を敷きブーケガルニと一緒に肉を面ごとに焦げ目をつけて行く。
   ほぼすべてが終わったら、ブランデーなどでフランベし、別鍋に移しておく。
 3、野菜をあらみじんぎりにし、小麦粉をまぶして肉のあとのフライパンで良く炒める。
 4、野菜がしんなりし、きつね色になったら肉の鍋に入れる。
 5、スープをたっぷり多めに入れ(無ければ水でも良い)そこに赤ワインを1/2本分ドボドボと入   れる。
 6、トマトペースとセロリの葉、パセリ、ローリエなど香草も入れて、粒こしょうを4、5粒入れ
   最初強火、沸騰したら灰汁をとり、あとはコトコト煮る。出来れば一晩置くと美味しくなる。
 7、肉に串を刺しすっと通るようになったら、肉を一旦取り出し、スープをシノワで濾す。
   (我が家は金ザル)面倒なら、バーミックスでガーッとつぶす。
   これで、スープにとろみが付く。
 8、肉とスープを合わせ、マッシュルームをスライスして入れ、好きな味に整え完成。
 9、盛りつけの時、付け合わせに適当な野菜を茹でて付ける。


私はこのビーフシチューを学生の頃に初めて作り、それ以来18番になりました。
料理本を見ながら、専門用語が沢山出て来る本を何度も読み返しました。
どんな固い肉もこの方法で、生まれ変わったように美味しいお肉に変身します。
出来れば赤ワインをケチらず沢山入れることがミソかも。


今回は、若夫婦が3歳のおちびちゃんを連れて我が家に2泊3日して行ったので、この料理をしました。もちろん大喜びでした。
 
実はトマトペーストが無く、仕方ないので、トマトケチャップを入れました。
マイルドな仕上がりになりました。
ワインの量を増やし、トマトペーストで作るとかなり、ハードな大人の味!です。













  
  
[PR]
by pan0307 | 2013-02-26 17:38 | 料理

panNO3

f0258670_15451712.jpg

パン作りNO3

ハルユタカ  225g
ライ麦全粒粉  10g
マルチグレイン 25g
レモンピール  少々

塩        3g
キビ砂糖     7g

水       160g
赤サフ      3g


焼成温度     210度   15分


マルチグレインを取り寄せたので、混ぜて焼いてみた。
かなり色が黒くて田舎っぽい。^^

少し二次発酵が不足気味ではあるが、それなりに良く膨らんでいるようだ。
[PR]
by pan0307 | 2013-02-23 15:55 | パン

パンNO2

f0258670_2301610.jpg



ハルユタカ        225g
ライ麦全粒粉        25g
干しぶどう         少々
干しいちじく黒       少々
レモンピール        少々

塩              3g
砂糖             7g
赤サフ            3g

水            150g

焼成           210度     15分

成形後、20分休ませるはずが、1時間になってしまい、過発酵気味ではあったが、再度軽く丸め直して、さらに30分発酵させた。
その間に犬の散歩をして帰って来たら、オーブンはもう250度を軽く越えていた。
急いで、焼成。ふたを開けて入れたことで、210度に下がり丁度良くなった。

しかし、最後は250度まで上がっていたので、焦げた。
味は良い。

昨日は前回の分を山羊のチーズとバージンオリーブオイルで、美味しかった。
[PR]
by pan0307 | 2013-02-19 23:10 | パン

パンNO1

f0258670_2032733.jpg




昨年春から四国の実家へ行くことが多くなった。
パンは好きなのに、美味しいパン屋が無い。

ならば自分で焼いてみようということになり、まず材料から取り寄せてやり始めた。
出来ることなら、大好きなフランスパンを焼きたい。

ということで、フランスパンを中心に作り始めた。
捏ね方がなかなか分からなかったのだけど、失敗を重ねるうちこれではないかと思うようになった。

発酵も重要で、うまく膨らむとうまく焼ける。

ただ、最近ダレ気味なので、初心に戻って基本から再度挑戦!


材料
はるゆたか    225g
ライ麦粉      25g
干しぶどう      少々
干し柿        少々
レモンピール     少々
赤サフ        3g
水        150g

焼成温度     210度     15分

でもオーブンが35年ものなので、温度調節がうまく行かない。
なので、適当に焼いた。

いつも20分だったが、15分の方がクラムがしっとり美味しい。
[PR]
by pan0307 | 2013-02-17 20:41 | パン