カテゴリ:料理( 5 )

新タマネギとベーコンのリゾット

f0258670_2293795.jpg



材料   新タマネギ    1/2個
     ベーコン      少々
     米        1.5合

    パルメジャーノチーズ  適宜
    アスパラガス    少々
    菜の花       少々
    太白ごま油     少々

    コンソメスープ   2カップ (熱くしておく)

作り方  
    1、お米をさっとゆがく  3〜5分 
    2、厚手のフライパンに、ごま油を敷き、新タマネギのみじん切り、ベーコンの細切りをよく炒める。
    3、タマネギが透明になって来たら、そこに1の米をざるに水を切ったものを入れ、よく炒める
    4、お米が透明になって来たら、コンソメスープをこの分量の7分目ほど入れて煮る。水分がなくなりかけたら、残りのスープを入れ、へらで焦げ付かないようによく混ぜながら、時々味見をする。 
       
    5、まだお米に芯が残っている感じの時、パルメジャーノを粉にしたものを混ぜて完成。
    6、飾りに、アスパラガス、菜の花、パルメジャーノチーズをスライスしたものを上に乗せる。
 

ご飯を炊こうとしたら、炊飯器が壊れていた。この洗ったお米をどうにかしないと、と言うのでリゾットになった。本当は米は洗わずに作る方がベター。
オリーブオイルもニンニクも使っていないので、多分ヘルシー。
さっぱりとして、美味しかった。
[PR]
by pan0307 | 2013-04-07 22:24 | 料理

わさび漬け

f0258670_20302120.jpg


いつもの八百屋さんに花わさびがでていたので早速購入。

材料  花わさび    3束
    
    酒粕      300g
    白みそ     適宜
    煮切り酒    
    みりん
    砂糖
    塩


作り方 1、花わさびは さっと茹がいて、冷水にとる。
    2、すり鉢で酒粕に調味料を入れて良くすり、和え衣を作る。
    3、花わさびを切って すり鉢の酒粕と和える。
 4、ビンに詰め、3日後位から食べられる。 
[PR]
by pan0307 | 2013-03-09 20:39 | 料理

花豆のワイン煮

f0258670_13263220.jpg



 材料   乾燥花豆   適宜
      砂糖     適宜
      醤油又は赤ワイン適宜
      水



作り方 1、 花豆を前日から一晩水に浸けておく。
    2、 翌日ふくらんだ豆を鍋に入れ、3倍の水で強火で沸騰その後中火で30分茹でる。
       茹でこぼし、これをあと2回繰り返す。
    3、 柔らかくなったら、豆を水と砂糖を同量入れて煮詰めたものの中に入れて
       そのまま一晩放置する。
    4、 翌日3の鍋を火に掛け、弱火で30分あくを取りながら煮る。10分から15分。
    5、 最後に赤ワインを1/4Cほど入れる。
[PR]
by pan0307 | 2013-03-06 13:40 | 料理

花豆とひよこ豆のスープ

*
f0258670_10501025.jpg



材料  花豆     適量
    ひよこ豆   適量


    クリームスープ
    パセリ
    塩、胡椒



作り方  
   1、 花豆、ひよこ豆 ともに一晩水にふやかしておく。
   2、 翌日すっかり水を吸って3倍ほどになったら、水を取り替える。
      それぞれ豆の3倍ほどの水で最初強火、あとは中火もしくは弱火で30分茹でこぼす。
   3、 これを2度繰り返す。ひよこ豆は1度で良い。
   4、 スープに入れて出来上がり。(何スープでもOK)


   
f0258670_1050748.jpg

                     左  ひよこ豆    右  花豆
[PR]
by pan0307 | 2013-02-27 11:00 | 料理

ビーフシチュー

f0258670_179513.jpg


f0258670_1795128.jpg


f0258670_1795617.jpg



材料  国産牛すね肉かたまり   約1kg
    

A タマネギ    1個
  ニンジン    1本
  セロリ     1本
  ニンニク    1片
  小麦粉     少々
  マッシュルーム 1パック

B  赤ワイン   1/2本
  粒こしょう   適宜
  トマトペースト 大1から2

C ブーケガルニ  タマネギ、ニンジンの皮、パセリ、ピーマン、セロリの葉 など



作り方
 1、 牛肉を適当な大きさに切り分け、各塩、胡椒し、小麦粉をまぶしておく。
 2、フライパンを強火で熱し、油を敷きブーケガルニと一緒に肉を面ごとに焦げ目をつけて行く。
   ほぼすべてが終わったら、ブランデーなどでフランベし、別鍋に移しておく。
 3、野菜をあらみじんぎりにし、小麦粉をまぶして肉のあとのフライパンで良く炒める。
 4、野菜がしんなりし、きつね色になったら肉の鍋に入れる。
 5、スープをたっぷり多めに入れ(無ければ水でも良い)そこに赤ワインを1/2本分ドボドボと入   れる。
 6、トマトペースとセロリの葉、パセリ、ローリエなど香草も入れて、粒こしょうを4、5粒入れ
   最初強火、沸騰したら灰汁をとり、あとはコトコト煮る。出来れば一晩置くと美味しくなる。
 7、肉に串を刺しすっと通るようになったら、肉を一旦取り出し、スープをシノワで濾す。
   (我が家は金ザル)面倒なら、バーミックスでガーッとつぶす。
   これで、スープにとろみが付く。
 8、肉とスープを合わせ、マッシュルームをスライスして入れ、好きな味に整え完成。
 9、盛りつけの時、付け合わせに適当な野菜を茹でて付ける。


私はこのビーフシチューを学生の頃に初めて作り、それ以来18番になりました。
料理本を見ながら、専門用語が沢山出て来る本を何度も読み返しました。
どんな固い肉もこの方法で、生まれ変わったように美味しいお肉に変身します。
出来れば赤ワインをケチらず沢山入れることがミソかも。


今回は、若夫婦が3歳のおちびちゃんを連れて我が家に2泊3日して行ったので、この料理をしました。もちろん大喜びでした。
 
実はトマトペーストが無く、仕方ないので、トマトケチャップを入れました。
マイルドな仕上がりになりました。
ワインの量を増やし、トマトペーストで作るとかなり、ハードな大人の味!です。













  
  
[PR]
by pan0307 | 2013-02-26 17:38 | 料理